本文へジャンプ

トップページ > 押出成形の高機能部品をご提案する【ホッティーポリマー株式会社】のコラム > 押出成形の技術で作るゴム・樹脂の製品をお求めなら~プラスチックを合成樹脂と呼ぶのはなぜ?~

コラム

押出成形の技術で作るゴム・樹脂の製品をお求めなら~プラスチックを合成樹脂と呼ぶのはなぜ?~

押出成形で作るゴム・樹脂の製品を提案する【ホッティーポリマー株式会社】

押出成形で作るゴム・樹脂の製品を提案する【ホッティーポリマー株式会社】

押出成形で作るゴム樹脂の製品は、【ホッティーポリマー株式会社】にお任せ下さい。

ゴムと樹脂の2本柱で多様なご提案をいたします。環境保全への貢献を常に考えながら、お客様が満足できるよう、最高の品質と独創的な技術および一流のサービスで差別化を図ります。

提案型営業でお客様の悩みを解決しながら提案させていただきますので、高機能押出製品の事なら是非お任せ下さい。

樹脂ではないのになぜ?プラスチックを「合成樹脂」と呼ぶのか

本来、樹脂は植物から採取する天然物質の事を指します。しかし、人為的に製造されたプラスチックを合成樹脂と呼び、プラスチックを使用した製品は樹脂製品と呼ばれます。

なぜ、樹脂ではない高分子化合物からなるプラスチックを「合成樹脂」と呼ぶのか。それは、天然樹脂の問題点を解決する所から始まります。

そもそも植物から得られる天然樹脂は、採取できる量が少なく、取り扱いも面倒という問題点がありました。これを解決するために、天然樹脂に代わる人工の樹脂「フェノール樹脂」が生まれたのです。

フェノール樹脂は、熱や力を加えると自由に形を変える事ができ、元の形に戻らない可塑性を持っています。植物以外の原料で作られたフェノール樹脂は、世界初のプラスチック素材であり、松脂に似た外観をしていた事から合成樹脂と呼ばれるようになったのです。
ちなみに、樹脂は天然・合成樹脂の両方を指しますが、プラスチックは合成樹脂だけを指します。

押出成形でお客様のニーズに応じた最適な素材・形状を提案

押出成形でお客様のニーズに応じた最適な素材・形状を提案

押出成形の事なら【ホッティーポリマー株式会社】にお任せ下さい。押出成形の技術・研究を独自に重ねて、断面構造の多様化や高精度の加工を実現してきました。

お客様のニーズに応じて最適な素材・形状を提案させていただきますのでご安心下さい。

ゴムまたは樹脂の高機能押出製品、さらにはそれら製品の特性を活かした高機能部品を提案します。

お役立ちコラム

押出成形の技術で作るゴム・樹脂の製品をお求めなら【ホッティーポリマー株式会社】まで

会社名称 ホッティーポリマー株式会社 (旧 堀田ゴム工業株式会社)
所在地 本社
〒131-0032 東京都墨田区東向島4-43-8
TEL 03-3614-4100 (代表)
URL http://www.hotty.co.jp


ホッティー注目商品

3Dプリンターフィラメント供給用スベアップチューブ商品写真:3Dプリンターフィラメント供給用スベアップチューブ

3Dプリンターフィラメント供給用スベアップチューブ」は一般的に使用されているフッ...

HPバリア商品写真:HPバリア

「HPバリア」は建築ガスケットにおける防耐火ガスケットとして、非常に優れたシリコ...

HPスポンジ商品写真:HPスポンジ

「HPスポンジ」は樹脂を弊社独自の配合技術で発泡させた画期的な商品です。 「HP...

このページのトップへ