本文へジャンプ

トップページ > 押出成形の高機能部品をご提案する【ホッティーポリマー株式会社】のコラム > スーパーエンプラのチューブを製造・販売する【ホッティーポリマー株式会社】~エンプラとスーパーエンプラの違い~

コラム

スーパーエンプラのチューブを製造・販売する【ホッティーポリマー株式会社】~エンプラとスーパーエンプラの違い~

スーパーエンプラのチューブを製造・販売する【ホッティーポリマー株式会社】

スーパーエンプラのチューブを製造・販売する【ホッティーポリマー株式会社】

スーパーエンプラのチューブをお探しの方は、【ホッティーポリマー株式会社】をご利用下さい。

【ホッティーポリマー株式会社】では、高機能な各種スーパーエンプラチューブを製造・販売しております。スーパーエンプラは機械的強度・摩耗性・耐薬品性・耐熱性に優れており、歯車・ローラー・電気部品・自動車用部品・医療用など様々な用途に適しております。

お客様のニーズに合った高機能樹脂押出製品をご提案いたしますので、製品に関するご質問・ご相談がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

【ホッティーポリマー株式会社】ではPEEKなどの素材で超極細のチューブ成形が可能

【ホッティーポリマー株式会社】では、PEEK樹脂で押出成形したチューブを販売しております。PEEK樹脂は非常に優れた特性を持つスーパーエンプラですが、押出成形で安定したチューブを成形するには特殊な技術が必要です。

【ホッティーポリマー株式会社】では、標準規格サイズよりも細い極細サイズや異形押出品にもチャレンジしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

エンプラとスーパーエンプラの違い

エンプラとスーパーエンプラの違い

エンプラやスーパーエンプラとは、プラスチックに分類される高機能樹脂の事です。一般的に耐熱性100℃以上、強度49MPa以上、曲げ弾性率2.4GPa以上あるプラスチックをエンプラと言います。

エンプラに属しているプラスチック材料としてポリアミド・ポリアセタール・変性ポリフェニレンエーテル・ポリブチレンテレフタレート・超高分子量ポリエチレンなどがあり、工業用部品や基幹部品の金属材料の代替として用いる事で、軽量化・低コスト化を実現します。

一方で「スーパーエンプラ」とは、エンプラよりもさらに断熱性が高く、150℃以上の高温でも長期間使用可能な特殊エンプラの事です。代表的なプラスチック材料としてポリサルホン・ポリアミドイミド・ポリイミド・液晶ポリマー・ポリエーテルイミドなどがあります。

優れた耐熱性を維持できる理由として、分子鎖の中に含まれるベンゼン環があります。これがある事で分子鎖が太く強くなり、環境温度が高温になっても分子があまり運動しないために150℃以上の高温にも耐えられるのです。

お役立ちコラム

スーパーエンプラの製品をお探しなら【ホッティーポリマー株式会社】

会社名称 ホッティーポリマー株式会社 (旧 堀田ゴム工業株式会社)
所在地 本社
〒131-0032 東京都墨田区東向島4-43-8
TEL 03-3614-4100 (代表)
URL http://www.hotty.co.jp


ホッティー注目商品

HPフィラメント PEEKタイプ商品写真:HPフィラメント PEEKタイプ

物理的、化学的性質に優れたPEEK(ポリエーテルエーテルケトン) 樹脂で製作され...

HPバリア商品写真:HPバリア

「HPバリア」は建築ガスケットにおける防耐火ガスケットとして、非常に優れたシリコ...

HPスポンジ商品写真:HPスポンジ

「HPスポンジ」は樹脂を弊社独自の配合技術で発泡させた画期的な商品です。 「HP...

このページのトップへ