本文へジャンプ

トップページ > 製品紹介 > 素材別一覧 > オレフィン系エラストマー(TPO)・スチレン系エラストマー

製品紹介

オレフィン系エラストマー(TPO)・スチレン系エラストマー

オレフィン系エラストマー(TPO)・スチレン系エラストマーの分類
  • 熱可塑性エラストマー
オレフィン系エラストマー(TPO)・スチレン系エラストマーの特徴

オレフィン系エラストマー(以下TPO)とは、塩化ビニール系・スチレン系とともに三大熱可塑性エラストマーと位置付けられ、一般的にポリプロピレン (PP)の中に、エチレン‐プロピレンゴム(EPDM,EPM)を微分散させた熱可塑性エラストマーです。
したがって、TPOは常温ではエラストマー(弾性体)であり、ゴムのような性質を持ちながら、一般のプラスティックと同様な成形加工のできるユニークな合成樹脂です。
最近では、自動車の部品に採用されるなど今後も成長が期待できる材料です。

熱的性質
-60~100℃での連続使用が可能です。高温下で老化させても塩ビのような硬度上昇を起こしません。また寒くなっても硬くなりにくくゴムと変わりません。
耐対候性
TPOは耐候性に優れ、長期間の屋外暴露試験でも表面劣化を起こさず耐オゾン性も極めて良好です。今までの天然系ゴムと比較して比べ物になりません。
耐薬品性
酸、アルカリ、アルコール、アセトンや植物油には耐性を示しますが,芳香族系有機溶剤、ガソリン、鉱物油などの非極性溶媒には、かなり膨潤するので使用の際には注意が必要です。勿論、現在のゴムよりも優秀です。
軽量性
比重が約0.9と小さいので塩ビやゴムに比べて製品の軽量化が図れます。
環境性
熱可塑性樹脂であるためリサイクルが容易であるとともに塩素を含んでいないためダイオキシンが発生しません。
その他
顔料を混ぜることで着色できるため、ゴムに比べ装飾性に優れます。熱融着のような加工でジョイントすることも可能です。特殊な添加剤を使用していないので、移行性の心配がありません。
オレフィン系エラストマー(TPO)・スチレン系エラストマーの長所
  • 耐熱老化、耐候性に優れる
  • 極性溶媒に耐える
  • 耐磨耗性に優れる
  • カラフル
  • 電気絶縁性に優れる
  • リサイクル可能
  • 軽量
オレフィン系エラストマー(TPO)・スチレン系エラストマーに適した用途
  • 自動車部品(バンパー、ダクトホース、ウェザーストリップ他)
  • 電気製品部品(洗濯機排水ホース、掃除機、フレキシブルコード他)
  • 建築、土木(防水シート、各種フィルム、サッシガスケット他)
  • その他(スキーシューズ、自転車やバイクのグリップ他)

製品へのお問い合わせ・サンプル請求

ホッティー注目商品

HPフロック®商品写真:HPフロック®

「HPフロック®」は静電植毛で行われていた植毛加工を大幅に簡素化した特殊加工で同...

シリコーンゴム被覆PEEKチューブ商品写真:シリコーンゴム被覆PEEKチューブ

シリコーンゴムとPEEKチューブの組み合わせは、最先端産業技術の可能性を広げます...

スベアップLED防水&保護カバー商品写真:スベアップLED防水&保護カバー

スベアップの技術とスーパービューアップの技術の融合! 大幅なアッセンブリ時間の短...

このページのトップへ