3Dプリンターのフィラメントの特徴・種類は?水溶性サポート材のメリット・製造商品

2021年08月24日

3Dプリンターのフィラメントならホッティーポリマー株式会社。HPフィラメント®(PEEKタイプ)の販売の他、3Dプリンター素材や押出成形によるゴム・樹脂製品などを販売しております。シリコーンやスポンジなど、異なる素材を同時に押出し様々な形状に成形できる異形押出にも対応しております。高機能な部品を高品質でお届けしますので、3Dプリンターのフィラメントに関することならお気軽にお問い合わせください。

3Dプリンターのフィラメントには様々な種類があり、増え続けています。最適なフィラメントを選ぶためには、基本的な情報を知っておく必要があるでしょう。こちらでは、フィラメントの種類や特徴を解説します。

他にも、水溶性サポート材のメリットやHPフィラメント アロマタイプの情報も載せていますので、製造にどのフィラメントが適しているのか判断できます。

ホッティーポリマー株式会社は3Dプリンターのプロで、フィラメント製造も行っております。お客様の必要とするフィラメント材料を見極めて提案いたしますので、まずはお気軽にご連絡ください。

エンプラも登場?3Dプリンターのフィラメントの特徴・種類

3Dプリンターに欠かすことができないのがフィラメントです。フィラメントとは、2Dプリンターにおけるインクの役割を果たすもので、3Dプリンター専用の材料のことを意味します。

フィラメントは、3Dプリンターの造形方式によって使用できるものが異なります。3Dプリンターの代表的な造形方式は、以下のとおりです。

1.MEX(FDM)方式(材料押出積層方式)

FDM方式のフィラメントは、熱で溶ける樹脂を細長い紐状にした素材を使用します。多くの熱可塑性樹脂がFDM方式のフィラメントになっており、樹脂と異素材を混ぜた合成フィラメントも存在します。

2.SLA方式・DLP方式(光造形方式)、インクジェット方式(材料噴射方式)

紫外線で硬化する液体のアクリレート系樹脂をフィラメントとして使用します。

3Dプリンターのフィラメント - エンプラも登場?3Dプリンターのフィラメントの特徴・種類

3.SLS方式(粉末焼結方式)、バインダージェッティング方式

粉末素材のフィラメントを使用します。樹脂以外にも、金属粉末や石膏など、粉末状の様々な素材を使用することができます。

これまでの3Dプリンターの素材は、ABS樹脂とPLA樹脂が一般的でした。しかし、近年ではエンプラのPC樹脂やナイロン樹脂などもフィラメントとして幅広く使用されています。

3Dプリンターのフィラメントの一種であるHPフィラメント®(スーパーフレキシブルタイプ)とは

HPフィラメント®(スーパーフレキシブルタイプ)は3Dプリンターのフィラメントの一種です。

軟質フィラメントで、ポリ乳酸とエラストマーを配合することで作られます。HPフィラメント®(スーパーフレキシブルタイプ)がMEX(FDM)方式の3Dプリンターに最適な理由は、軟質であるにもかかわらずフィラメント化の時点では硬質フィラメントに近く、剛性が高く芯があり、長さ方向には伸びないという特徴を持っているからです。

HPフィラメント®(スーパーフレキシブルタイプ)を用いることで、一般的に出回っている3Dプリンターでも柔軟性と精度の高い成型物の造形が可能となります。

水溶性サポート材のメリット

MEX(FDM)方式(材料押出積層方式)の3Dプリンターは、造形後のサポート材の取り外しに課題を抱えています。具体的には、サポート材と造形モデルが一体化してしまい、サポート材が剥がれにくくなってしまいます。

また、サポート材の取り外しを慎重に行わないと、造形モデルが損傷したり汚れたり、最悪のケースでは破損してしまうこともあります。

しかし、サポート専用のフィラメントが登場し、課題が解消されています。特に水溶性のサポート材は水に溶けやすいというメリットがあるため、造形物を美しく仕上げ、造形後の手間やストレスを軽減してくれます。

サポート専用のフィラメントのメリット

ホッティーポリマー株式会社では水溶性サポート材を使用できるMEX(FDM)方式の3Dプリンターを販売しており、細かいサイズの製品でも詳細に作り上げることが可能です。LAM方式の3Dプリンターの導入を検討している方は、下記リンクよりホッティーポリマー株式会社についてご確認ください。

製造している商品をご紹介!HPフィラメント アロマタイプ

ホッティーポリマー株式会社のHPフィラメント アロマタイプは、MEX方式の3Dプリンター用フィラメントです。

本来、香料は揮発しやすいため長時間の持続性を持たせることは困難とされています。しかし、弊社では香り成分を独自に配合し、その成分を徐放させることで持続性を向上させたフィラメントの製造を実現しました。

この製品のメリットは、香料を内部から表面に少しずつ放出することで効果が長続きする点です。3Dプリンターで成形した後にも、表面に極薄の膜を形成するためベタつくことがありません。

HPフィラメント アロマタイプにより、香りを持続させたい商品を3Dプリンターで製造することが可能となりました。この製品には「フローラル」と「ソープ」の2種類の香りがあり、白・青・黄・赤の4色をラインナップしています。

ホッティーポリマー株式会社が開発したHPフィラメント アロマタイプに興味をお持ちの方は、下記のホームページより詳細をご確認ください。フィラメントの購入や3Dプリンターの導入をご検討の場合は、お気軽に弊社にご連絡ください。

3Dプリンターのフィラメントを選ぶなら開発力・提案力のある会社に任せよう!

3Dプリンターには様々なフィラメントがあり、それぞれに用途や特徴があることがおわかりいただけたと思います。3Dプリンターのフィラメントを選ぶなら、商品の開発力がありニーズに合ったフィラメントを提案してくれる会社に任せましょう。

ホッティーポリマー株式会社は3Dプリンターのエキスパートです。3Dプリンターの販売はもちろん、3Dプリンター素材のフィラメントの独自開発・製造・販売、3D造形サービス、押出成形によるゴム・樹脂製品の販売など、3Dプリンターに関連する様々なサービスを提供しております。スキルの高い技術社員がフィラメントの提案を行いますので、ニーズに合う製品を3Dプリンターで成形することができます。

3Dプリンターやフィラメントに関するご相談は、ぜひホッティーポリマー株式会社にお任せください。

3Dプリンターのフィラメント製品をご紹介

HPフィラメント® PEEKタイプ

物理的、化学的性質に優れたPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)樹脂で製作されたMEX(材料押出積層方式)方式3Dプリンター用フィラメントです。

HPフィラメント® PEEKタイプ

HPフィラメント® PPS

HPフィラメント®(PPSタイプ)は耐熱性、耐薬品性、難燃性、コスト性に優れたPPS樹脂をMEX方式3Dプリンター用に製作したフィラメントです。

HPフィラメント® PPS

HPフィラメント® 高強度タイプ

HPフィラメント®(高強度タイプ)はMEX方式の3Dプリンター用フィラメントです。トチュウエラストマー®は、日立造船株式会社が研究・開発している、トチュウ(杜仲茶の原料植物)の生体内で生成された天然ポリマーです。

HPフィラメント® 高強度タイプ

3Dプリンター・フィラメントやスーパーエンプラ製造の素材などに関するコラム

3Dプリンターやフィラメントに関するご相談はホッティーポリマー株式会社へ

会社名称 ホッティーポリマー株式会社 (旧 堀田ゴム工業株式会社)
所在地 本社
〒131-0032 東京都墨田区東向島4-43-8
アクセスマップ
TEL 03-3614-4100 (代表)
FAX 03-3614-4162
E-mail hotty@hotty.co.jp(メールソフトが起動します)
交通アクセス 東武伊勢崎線「東向島駅」より徒歩3分(東京本社)
URL https://hotty.co.jp
事業内容 ゴム・プラスチック製品の製造販売
(スポンジ製品、多色複合押出し製品、メタルインサート製品、ジョイントプレス加工、成型品)

技術相談やサンプルの請求などお待ちしております!

弊社製品に関するお問い合わせ、ゴム・樹脂押出成形等の技術相談、弊社製品のサンプル請求等、お気軽にお問い合わせください。
尚、こちらのお問合せは、法人専用となっております。個人の方からのお問合せにはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。

お電話でのお問い合わせ

03-3614-4100

平日9:00~18:00

Webからのお問い合わせ

メールフォームへ