本文へジャンプ

トップページ >スーパーエンプラ製品や3dプリンターに関するご相談に対応するホッティーポリマー株式会社のコラム一覧 >3Dプリンターの素材の種類や選び方・カラーの可否・取扱機器をご紹介

コラム

3Dプリンターの素材の種類や選び方・カラーの可否・取扱機器をご紹介

3Dプリンターで造形物を製造する際、その仕上がりや使用に大きく影響するのが素材です。こちらでは、3Dプリンターで作ったものが水に耐えられるのか、用途別に適した素材は何か、カラーもできるのかなど、3Dプリンターの素材に関する様々なご質問に回答しています。

素材について相談したい場合は、ホッティーポリマー株式会社へご連絡いただければ、親身にご相談に応じます。

3Dプリンターの種類で違う?水に濡れても問題ない?

クエスチョンマーク

3Dプリント・3D造形したものを水に濡らすことはできるのか、疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から言うと、3Dプリントしたものが水に濡れても問題ないかどうかは、造形する3Dプリンターの種類や使用する素材、造形物の厚みなどによって異なります。素材の種類によっては耐水性があり、コップなどを作ることができ、水を入れてもまったく問題ないものもあります。

しかし、水に適さない素材を使用した場合は、水を入れることで変形したり水漏れしたり、壊れてしまうケースもあるので注意が必要です。

3Dプリンター用素材の選び方

素材の選び方

3Dプリンター用の素材には様々な種類があります。用途に合わせて最適な選び方を押さえておきましょう。

まず、一般的に使用される素材としてはABSライク樹脂、ナイロン樹脂、フルカラー樹脂、家庭用ABS・PLA樹脂などが挙げられます。この中でもフルカラー樹脂と家庭用ABS・PLA樹脂は価格帯が安くなります。

その他にも、フルカラーに対応できる素材としてフルカラー樹脂、透明な素材の透明樹脂、柔らかい素材としてゴムライク樹脂、シリコンなどがあります。ホッティーポリマー株式会社では両材料共に対応可能です。さらに、耐久性が高い素材としてPPライク樹脂、ナイロン樹脂、カーボン、MJFナイロン、ガラス入りナイロンの5つが挙げられます。HPフィラメント 高強度タイプもあります。

上記以外にも用途別に適した素材があります。組み込み、嵌め合いを確認したいならPPライク樹脂やナイロン樹脂、細かい表現に適した高精細アクリル樹脂、フルカラー樹脂、量産に向いているナイロン樹脂、ABSライク樹脂、MJFナイロンなどがあります。

さらに、耐熱性が高い素材としてナイロン樹脂、MJFナイロン、ガラス入りナイロン、なめらかな表面を実現する高精細アクリル樹脂、フルカラー樹脂、ABSライク樹脂、水に強いPPライク樹脂、大型の造形に適しているMassivit樹脂やナイロン樹脂などがあります。

理想の造形物を作るためには、最適な素材を選ぶことが大切です。

3Dプリントはカラーもできる?

3Dプリンターは、白や半透明など素材そのものの色にしか対応できないものがほとんどです。そのため、カラーは無理だと思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、MEX(FDM)方式では色付きのフィラメントを使用すればカラーも可能なタイプがあり、黄色や青、赤や緑などお好みの色の造形物を作ることができます。中には、1000万色以上のフルカラー対応のインクジェット方式の3Dプリンターも存在します。

取扱3Dプリンター機器をご紹介

ホッティーポリマー株式会社で取り扱っている3Dプリンター機器を2つご紹介します。

1.FUNMAT HT Enhanced

スーパーエンプラの造形を可能とした産業用3Dプリンターで、機能性パーツの生産、材料研究・開発用途に特におすすめの1台です。スーパーエンプラ用として、庫内温度を高温でキープでき、ハイテンプノズルを搭載しています。

この機器の詳細は以下の表のとおりです。

積層ピッチ 0.05-0.3mm
出力サイズ 260W×260D×260H
ノズル直径 0.4mm
最高ノズル温度 450℃
最高ヒーティングベッド温度 160℃(最大)
本体サイズ 530W×490D×645H
重量 63kg
電源 100V
消費電力 1200W
対応フィラメント PEEK,PEEK-CF,PPS,PEI (ULTEM TM),PPSU,PA,PC,ABS,PLAなど

2.RAISE3D Pro2

可動式デュアルヘッドを搭載し、大型造形でも高い安定性を発揮。高品質でありながら圧倒的なコストパフォーマンスを実現した低価格業務用3Dプリンターです。

この機器の詳細は以下の表のとおりです。

積層ピッチ 0.01~0.65mm
出力サイズ 305W×305D×300H(シングル造形時)
ノズル直径 0.2mm~0.8mm(製品搭載品は0.4mm)
最高ノズル温度 300℃
最高プラットフォーム温度 110℃
本体サイズ 620W×590D×760H
重量 約40kg
電源 100-240V
消費電力 600W
対応フィラメント PLA、ABS、PC、PA、PET、TPU、PVA、HPフィラメント®(スーパーフレキシブルタイプ)等の質素材

ホッティーポリマー株式会社では、様々なタイプの3Dプリンターを揃えております。用途に応じて使い分けることができるので、ご希望の造形物を製作することが可能です。3Dプリンターに関するご質問やご相談は、ぜひホッティーポリマー株式会社にお気軽にお問い合わせください。

3Dプリンターの素材選びはプロに相談すると失敗しない!

3Dプリンターで造形物を製造する際には、素材の選び方が需要です。理想通りの造形物に仕上げるためには、プロに相談して失敗するリスクを減らすことをおすすめします。3Dプリンター用素材の特徴やメリット、用途などについてさらに詳細を知りたい方は、ぜひ知識の豊富なホッティーポリマー株式会社にお問い合わせください。

3Dプリンターに関するご質問やご相談はホッティーポリマー株式会社へ

会社名 ホッティーポリマー株式会社 (旧 堀田ゴム工業株式会社)
住所
本社
〒131-0032 東京都墨田区東向島4丁目43−8
アクセスマップ
TEL 03-3614-4100
URL https://www.hotty.co.jp/別窓で開きます
事業内容
ゴム・プラスチック製品の製造販売
(スポンジ製品、多色複合押出し製品、メタルインサート製品、ジョイントプレス加工、成型品)

ホッティー注目商品

3Dプリンターフィラメント供給用スベアップチューブ商品写真:3Dプリンターフィラメント供給用スベアップチューブ

3Dプリンターフィラメント供給用スベアップチューブ」は一般的に使用されているフッ…

HPバリア商品写真:HPバリア

「HPバリア」は建築ガスケットにおける防耐火ガスケットとして、非常に優れたシリコ…

HPスポンジ商品写真:HPスポンジ

「HPスポンジ」は樹脂を弊社独自の配合技術で発泡させた画期的な商品です。 「HP…

Top