本文へジャンプ

トップページ >スーパーエンプラ製品や3dプリンターに関するご相談に対応するホッティーポリマー株式会社のコラム一覧 >【スーパーエンプラの成形】押出成形の種類や工程・メリットとデメリット

コラム

【スーパーエンプラの成形】押出成形の種類や工程・メリットとデメリット

高性能で知られるスーパーエンプラは押出成形によって作られますが、複数の種類、工程、メリットがあります。こちらでは、押出成形とはどのようなものなのか、種類の違いや工程についてご紹介していますので、スーパーエンプラ押出成形の基本を知ることができます。

また、押出成形のメリット・デメリットについても解説していますので、必要とするスーパーエンプラ製品に押出成形が向いているかどうか検討することができるでしょう。押出成形によるスーパーエンプラ製品で評判の会社はホッティーポリマー株式会社です。豊富な経験と高い技術力でお客様のニーズにお応えします。

押出成形とは

押出成形

押出成形とは、複数あるプラスチック成形方法の一つです。加熱・溶融した樹脂を押し出し、連続的に成形する方法です。特徴的なのは、金型内部で冷却・固化させない点です。

「ダイ(金型)」と呼ばれる押出し口に樹脂を通し、一定の断面形状に成形し、その後冷却・固化します。二次元の形をしているため、「金太郎あめ」のような形状と例えられることもあります。

押出成形に適している製品は、パイプやチューブ、線材、シート、包装用フィルム、液晶画面の表面保護フィルムなどが挙げられます。

ホッティーポリマー株式会社では、押出成形によって製造したスーパーエンプラ製品を取り扱っております。お客様のニーズに合わせて様々なスーパーエンプラ製品を開発・製造してまいりました。ホッティーポリマー株式会社のスーパーエンプラ製品にご興味をお持ちの方は、下記リンクより弊社の活用事例をご確認ください。

押出成形の種類

押出成形には様々な種類があります。こちらではその一部をご紹介します。

種類 内容 製品例
シート法 ダイから押し出された樹脂をロールで冷却させながら成形する方法 食品容器、建材など
丸棒 中実の円筒状ダイを使用する方法(固化収縮による丸棒中心にボイドが発生する場合があるので、サイジングダイの設計が重要) 各種丸棒材
ワイヤ等の被覆 クロスヘッドダイの中心に通されているワイヤなどに融解した樹脂をコーティングする方法 電線など
押出発泡成形 シリンダ内の融解した樹脂に加圧状態で発泡剤を注入し、ダイから押し出して発泡体とする方法 土木建築分野製品、食品包装容器など
パイプ、チューブ、異形品 融解した樹脂をダイからパイプ状に押し出し、サイジングダイで冷却固化する方法(複雑な形状が多いため、豊富な経験と技術力が必要) 各種パイプ・チューブ、窓枠用サッシなど

押出成形の工程

押出成形の工程は、金型の内部で樹脂を冷却させる成形方法とは違い、押出機で加熱・溶融した樹脂を金型から連続して押し出す成形方法です。具体的には、以下の工程を経て成形されます。

  • 押出機:押出機で加熱・溶融した樹脂を製品の形状をした金型へ押し出す
  • 金型:溶けた樹脂が金型で製品の形状になる
  • 冷却層:金型の形状になって出てきたものを冷却する
  • 引取機:製品を引き取る
  • カット・巻取機:一定の長さに切断又は巻取をして完成

押出成形のメリット・デメリット

メリット・デメリット

押出成形にはメリット・デメリットがあります。

メリット

メリットは以下のとおりです。

  • 連続して生産できるため大量生産ができ、コストを削減できる
  • 同一断面形状の製品を連続的、安定的に製造できる
  • 長い尺の製品でも小さな金型で製造できる
  • 加えられる圧力が小さく、可動部品を必要としないため金型が安価である
  • 成形品の表面が滑らかで、仕上げに人を必要としない
  • 複雑な断面でも利用できる
  • もろい素材でも利用できる

デメリット

デメリットは以下のとおりです。

  • 同一断面形状の製品しか製造できない
  • 金型が必要なため小ロットの生産には不向き
  • 寸法の精度を高くすることが難しい
  • 切断部分の端部処理が必要になる

押出成形のメリットとなる部分は、デメリットにもなりうるということがおわかりいただけるでしょう。スーパーエンプラの押出成形においては、専門の業者に相談してアドバイスを受けることをおすすめします。

スーパーエンプラの成形なら豊富な経験と技術力のある会社に任せるのが安心!

スーパーエンプラ成形の工程や種類、メリット・デメリットについてご紹介しました。必要とするスーパーエンプラ製品に押出成形が合っているのか、不安に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スーパーエンプラの成形に関するご相談は、豊富な経験と技術力のあるホッティーポリマー株式会社にお任せください。お客様のニーズを見極め、最適なプランをご提案いたします。スーパーエンプラ製品にご関心のある方は、ぜひお気軽にご依頼ください。

優れたスーパーエンプラ製品をお求めの方はホッティーポリマー株式会社へ

会社名 ホッティーポリマー株式会社 (旧 堀田ゴム工業株式会社)
住所
本社
〒131-0032 東京都墨田区東向島4丁目43−8
アクセスマップ
TEL 03-3614-4100
URL https://www.hotty.co.jp/別窓で開きます
事業内容
ゴム・プラスチック製品の製造販売
(スポンジ製品、多色複合押出し製品、メタルインサート製品、ジョイントプレス加工、成型品)

ホッティー注目商品

3Dプリンターフィラメント供給用スベアップチューブ商品写真:3Dプリンターフィラメント供給用スベアップチューブ

3Dプリンターフィラメント供給用スベアップチューブ」は一般的に使用されているフッ…

HPバリア商品写真:HPバリア

「HPバリア」は建築ガスケットにおける防耐火ガスケットとして、非常に優れたシリコ…

HPスポンジ商品写真:HPスポンジ

「HPスポンジ」は樹脂を弊社独自の配合技術で発泡させた画期的な商品です。 「HP…

Top